MacでASP.NET MVC C# の環境準備とプロジェクト作成まで

Jun 29, 2016   #dotnet  #csharp 

ほとんどチュートリアルの通りですが、備忘録として。

.NET Coreのインストール

このページに沿ってインストール

下準備

.NET Coreを使う前に最新版のOpenSSLをインストール

$ brew update 
$ brew install openssl
$ brew link --force openssl

.NET Core SDKのインストール

サイト内の Official Installer のリンクからpkgファイルをダウンロードしてインストール zshを使っている場合は、エラーが起こるらしいので、 workaround のリンク先にある以下のコマンドを叩いてsymlinkを貼る

$ ln -s /usr/local/share/dotnet/dotnet /usr/local/bin

以下のコマンドを叩いてインストールが確認できたらOK

$ which dotnet

Yeomanのインストール

次に参照したのはここ

$ npm install -g yo bower grunt-cli gulp
$ npm install -g generator-aspnet

アプリケーションテンプレートの作成

ディレクトリを作ってYeomanのyoコマンドでテンプレートを作成

$ mkdir src
$ cd src
$ yo aspnet

ビルドと起動

そのまま。buildしてrunするだけ

$ dotnet restore
$ dotnet build
$ dotnet run

起動できたらlocalhost:5000へアクセス するとよさ気なUIのアプリが起動する

おわりに

以上、公式ドキュメントを中心に(Visual StudioならUIポチポチで出来ていたけど自分で)ASP.NET MVC C# のテンプレートを作成する手順でした。

とりあえず見たことある状態にまで持ってこれたので、後はVisual Studio Codeなどを使ってアプリの作成を試して行きたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク