台北旅行 その2

May 6, 2016   #travel  #taipei 

台北からは無事帰国したので引き続き第2回、台北到着から1日目終了までを記事にしていきます。

現地通貨GET

空港の交換所で現地通貨の台湾ドルに交換しました。レートは1ドル2.9円。

3泊4日で一人3万円。現金の量としてはちょうど良かったように感じます。

中華電信のSIMカード

まずはネットがないと始まらない。ということで日本で下調べしていった中華電信のプリペイドSIMを買いにいきました。

台北桃園空港の第1ターミナル に到着して入国審査などを終えた後、出口向かって左側に進み突き当りを左折した先に中華電信の営業所があります。

今回は3泊4日の予定だったので、5日間LTE使い放題のデータSIMを購入しました。めちゃくそ安くて300台湾ドル(執筆時約1000円)

旅行を通して、本当にネットがあってよかったなと思ったので必ずプリペイドSIMを購入することをオススメします!

ホテルへ

空港から市街までの移動手段はかなり不便で、台湾出身の方も認めるレベル。

今回はタクシーでの移動にしました。大体700台湾ドル。40分程度。

台湾地下鉄、MRT

ホテルで一段落した後、 タブレットでまっぷるリンクを開きながらいざ夜市へ。

台北の地下鉄(MRT)は本数も多く非常にわかりやすいため迷うことは少ないと思いますが、初めの頃に重宝したアプリがTransit 台湾 台北 高雄 by NAVITIME。出発駅と目的地を選択するだけ。簡単。オフラインでも使えます。

士林夜市

淡水信義線の剣潭駅から徒歩5分。台北名物の夜市です。

まずは西側にあるセブンで台湾ビールを買って準備万端!

大腸包小腸

夜市奥、寺院の近くで何やら混雑しているお店を発見。

大腸包小腸 is 何?

その名の通り、大腸(豚?)に小腸を包んだ食べ物です。大腸にはもち米が詰まっていて小腸にはガーリックで味付けした刻みネギが挟まっています。

牡蠣オムレツ

定番牡蠣オムレツ。美食街入り口すぐの店に入ったんですが、片栗粉が固まってたりしたのでちゃんと店を選んだほうがいいかもしれません。

でもしっかり牡蠣の味がして美味しかった。

水餃子と麺

甘辛いソースがかかっている水餃子と麺。

この辺で気づき始めたんですが、台北の屋台料理はだいたいこの甘辛いタレがかかっています。苦手な人は苦手そうな味。

胡麻餅

靴屋の隣。おいしい。すごく。だだし結構並んでいるのでリピートできなかった。

セブンでおつまみを買ってホテルへ

セブンで葱クラッカーなるおつまみ(有名らしい)を購入し、ホテルへ。

ちなみに基本的にコンビニではクレジットカードは使用不可です。初めのうちは困らないんですが、終盤になって現金が少なくなってきた頃にちょっと不便に感じました。

まとめ

初日から夜市を堪能することができて、ネットも使えてすごく便利だし、滑り出しの良い旅行。

3日目からは本格的な観光が始まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加