英語で技術書を読むために

Dec 2, 2015   #english  #poem 

英語で技術書を読めるようになりたい

技術というのはどうしても英語で発信されることが多くて、最新の話を追うにはリーディングできる力が必要だと思います。

自分はstackoverflowの様な短い英文なら読めるのに、本1冊ほどの文章になると途中で投げ出してしまい読みきれない事が多かったと思います。

どうすればよいか、考えてみたのでメモとして残します。

問題点

  1. 英文が技術寄りすぎる
  2. 1冊のボリュームが多すぎる
  3. 英語を読むとつかれる

この3つ。解決していきましょう。

解決策

1. 読み物系の技術書から始める

まずは「英文が技術寄りすぎる」問題。

技術書を読めるようになりたいからといって、いきなり本気だすとすぐに燃え尽きてしまいます。 なので技術的な事が書いてある読み物系の本から始めるのがよいと思っています。

2. 200ページくらいの短いものから始める

次に「1冊のボリューム問題」ですが、はじめから600ページや800ページなどの大作に手をつけてはダメで、 日本語で読んでも2日かからないくらいのボリュームから手を付けるのがよいと思っています。

3. 短編集から始める

自分は始めのうちは順調に読んでいても、長い英文を読んでるとすぐに疲れてやめてしまう事がおおいのですが、 やはり普段とは違う言語で集中力も使うからでしょう。

ならば集中が切れたらおわれるくらいの短い文章をたくさん読めばよさそうです。

まとめ

以上をまとめると、英語で技術書を読めるようになるためのファーストステップとしては、『97 Things Every Programmer Should Know』がおすすめです。

これから

短編集からといったものの、自分は『The Healthy Programmer』から始めています。
こちらは技術というより、プログラマ向きの本という感じです。時々プログラマジョークがあるのもおすすめ。

この本を読み終わったら徐々に難易度を上げていき、英語で技術書を1冊読める、読んでもストレスを感じない様になっていたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加