社内もくもく会を開催しての所感

Jul 9, 2014   #blog 

社内の有志メンバーによるもくもく会の主催を2回ほど行ったので、その所感。

良かった点

  • 参加の敷居を下げるために居酒屋開催にした
  • 第2回は「講義→もくもく」にするなど毎回趣向を変えてできてる
  • もくもく後の飲み会で、各々隠し持ってる知識について話せた

悪かった点

  • 何やればいいかわかんないって人がいた
  • もくもくの時間にテックトークに花が咲いて、話して終わっちゃう人がいた
  • 参加者のモチベーションの温度差を吸収しきれていない

改善点

  • はじめに「今日やろうとしてること」をいってもらう
  • 最後に成果を簡単に発表してもらう(「やったけどできなかった」ももちろんあり)
  • 話す時間は後でとるから、とりあえずもくもくしてもらうように意識付ける
  • 開発だけがもくもくではないことを伝える

まとめ

とはいえ「ゆるふわテック会」をテーマにやっていきたいので、縛りすぎず適度に作業してもらうのは難しい


今後にむけて

第3回は今週末開催予定。はじめて居酒屋開催をやめて、ガチな雰囲気でもくもくする。
ガチだとやっぱり敷居があがってしまって参加者はへってしまうけど、
毎回趣向を変えながら楽しくやっていきたい。

{% oembed https://twitter.com/htk291/status/466190112426962944 %}

このエントリーをはてなブックマークに追加